特に痛いとされているVIOラインを脱毛する時に注意したコト

特に痛いとされているVIOラインを脱毛する時に注意したコト

2017年7月22日

セレブの間ではもはや常識となっているVIOラインの脱毛。しかし、毛が濃く太い上、皮膚も薄いため、他のパーツに比べて痛みが強いと言われています。
また、デリケートな部分のため、間違ったケアをするとトラブルが発生することも。
美しいアンダーラインを手に入れるためには、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

言葉だけは聞いたことがあるけど、そもそもVIOってどこのことか、ご存じですか?
Vはビキニライン、Iは陰部の両側のライン、そしてOは肛門周辺のライン、3ヶ所のアンダーラインのことを総称してVIOと呼びます。

VIO脱毛をするメリット・デメリットは?

メリット

最大のメリットは、何といっても、デリケートゾーンを清潔に保てるということです。
雑菌の多い場所ですから、生理中のムレや肌トラブルは、アンダーヘアが原因ということが多々あります。

下着を清潔に保つこともできるので、においの軽減効果もあります。
また、下着からはみ出しもなくなるため、好きな形のランジェリーや水着を選ぶこともできるようになり、急なお泊りやプールにも安心です。

デメリット

他のパーツと比べて、VIO部分は毛周期が長いため、効果が出るまで時間がかかります。何度も通わなくてはならないので面倒だと感じるかもしれません。

また、普段なかなか他人には見せないパーツなので、他の部位以上に抵抗がある人も多いかもしれません。
ですが、安心してください。プロが行ってくれるので、事務的に処理してくれます。次第にご自身も慣れてくるはずなので、勇気が必要なのは最初のみです。

施術中と脱毛前、脱毛後に注意したいこと

施術の前日までに自己処理をしておく必要があります。
全身の中でも最もデリケートなパーツなので、電動シェーバーで優しく行いましょう。施術前にはカミソリやワックスなど肌を傷つけやすいツールは使わないで下さい。Oラインは手が届きにくいため、サロンで施術前に処理をしてくれるところが多いです。

施術の回数を重ねるごとに痛みは少なくなってきますが、強い痛みを感じたら、出力を弱めてもらうか、ジェルを多く塗布してもらうといいでしょう。ガマンしすぎず、スタッフさんとよく相談をすることが大切です。
施術終了後は、こまめに保湿することを心掛けましょう。下着だけでなくお風呂で洗う時やトイレットペーパーなどでも強くこすらないように、注意してください。

VIOは、全身の中で最も自己処理を避けるべきパーツです。
誤った自己処理が大きなトラブルの原因となることもあります。サロンなどでプロのカウンセリングを受け、美しいアンダーラインを手に入れましょう。

名古屋の脱毛お役立ち情報一覧へ

このページのTOPへ