名古屋名物のモーニングに取り入れると良い脱毛に効く食べ物とは?

名古屋名物のモーニングに取り入れると良い脱毛に効く食べ物とは?

2017年8月2日

名古屋の朝といえば、全国に自慢のモーニング!味もお値打ちも大満足なモーニングで、脱毛の効果もアップさせちゃいましょう♪

大豆は最強の脱毛促進食品!

有名なのが、大豆製品。美容法やダイエットについて調べるとよく目にする「大豆イソフラボン」という物質が、女性ホルモンに代わる働きをしてくれます。

体毛を薄くする効果があるほか、美肌や美髪を育むなど、女性にとっては普段から積極的に取り入れたい要素ばかりですね。

大豆イソフラボンはその名の通り、豆腐や納豆、大豆の煮豆などの大豆加工食品を食べることで多く摂取できます。
それだとモーニングにはちょっと取り入れがたいという方は、一杯の牛乳を豆乳に変えてみるのはいかがでしょうか。

悲報!?「小倉トースト」が脱毛と相性✕なワケ

名古屋でモーニングと聞いて「小倉トースト」を思い浮かべる人は少なくないのではないでしょうか。名古屋嬢さんのソウルフードですね。しかし悲しいことに、この「小倉トースト」は脱毛とはちょっぴり相性が良くないのです。

GI値というのをご存知でしょうか。血糖値が上がるスピードを数値化したもので、食品によって異なります。このGI値が高ければ高い食品ほど、男性ホルモンが増加=体毛が濃くなる、というのを覚えておいてください!

オーストラリアのシドニー大学では70以上の食品を高GI食品 55〜70の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しており、小倉トーストの主な構成は、食パン=95、あんこ(こしあん)=80、バター=30……バターは高カロリーながら低GI値ではありますが、食パンとあんこについては少し高めという印象ですね。
脱毛中でも、どうしても食べたくなる魅力がある「小倉トースト」。我慢は身体に良くありませんので、少し回数を減らすなどして調整していけたらいいですね。

モーニングにも最適♪GI値の低い食材ピックアップ!

「だったら、逆にGI値の低い食品を取り入れれば脱毛に効果的なんじゃないの?」
その通りです!モーニングにも取り入れやすい、GI値低めのおすすめ食材を紹介します。

【ブラックコーヒー】
モーニングの定番!コーヒーも実は、かなりの低GI値なのです。
特にお砂糖やミルクを入れないブラックは、全食品の中でもかなり低い水準。朝はコーヒー派の方には嬉しいですね♪ただし、カフェインの摂りすぎは厳禁です!

【アボカド】
食べる美容液と名高いアボカド、実はGI値がとっても低いのです!美肌に効果的なビタミン群も備えたアボカド、戦闘力は最強です!サンドイッチなどにして食べたいですね♪

【ほうれん草】
女性には必須の栄養分、鉄分豊富なほうれん草。脱毛効果もあるから驚きですね。サラダにも付け合わせにも、和洋問わずプラスできるのが魅力的です!

【ヨーグルト】
モーニングのデザートといえばヨーグルト。整腸効果もあるので、積極的に取り入れたい食材です。ただし、ジャムには注意が必要。できればプレーンのままか、GI値の低いフルーツとの組み合わせで摂取したいですね。

いかがでしたか?脱毛+美容効果で最強の食材は「大豆」、その他は「GI値」の低いものを選ぶというのが、プラスαの脱毛効果が得られるコツです♪「GI値」で検索すると食品別の表を見ることができますので、どうぞチェックしてみてくださいね!

名古屋の脱毛お役立ち情報一覧へ

このページのTOPへ