全身脱毛後の正しいボディケアの仕方について

全身脱毛後の正しいボディケアの仕方について

2017年8月5日

全身脱毛の施術を受けた後、どんなケアをすればいいか悩んでしまいますよね。いつも通りでOK?それとも特別なケアが必要……?
そこで今回は、正しいボディケアの方法についてお伝えしたいと思います!

保湿をかならず行う

脱毛後のお肌は一見ツルツルですが、実は強い光の照射によりダメージを受けています。
ダメージを受けている=水分が逃げやすい、という状態ですから、いつも以上に保水・保湿を丁寧にするよう心がけましょう。
ボディケアに使うのは、いつも使用している化粧水・乳液等でかまいません。自分の肌に合ったものを選びましょう。

この保湿ケア、肌ダメージを軽減するのはもちろんですが、次回の施術にも効果的なんです。
水分をたっぷり含んだ肌は、光の効果を高め、長期戦と言われる脱毛を効率よく進めることができます。そういった点からも、全身脱毛中のお肌のケアはマストですね♪

クールダウン

お肌がほてっている場合はクールダウンが重要です。
多くのサロンでは施術後にクールダウンまで行ってくれますが、自宅に帰っても熱が引かない……などの場合は、自分でクールダウンする必要が出てきます。

方法としては、熱をもっている箇所を冷水で冷やす、または、冷やしたおしぼりを患部に当てるなどが簡単でしょう。氷を直接お肌に触れさせるのは刺激が強すぎるので逆効果です。布に包んでから当てるようにしてくださいね。ほてったお肌に当てて「気持ちいい~」と思えるくらいがベストです。

施術後は、冷やすのはOKですが温めすぎるのには気を付けたいところ。汗をかくほどの保温はなるべく避けてください。

紫外線対策

脱毛中、もっとも気を付けなければいけないことは「紫外線」です。
ただでさえダメージを受けているお肌を、紫外線によってさらに傷付けるのはなんとしても避けたいもの。また、日焼けで黒くなったお肌も脱毛効果に悪影響を及ぼします。

脱毛の光は、黒い色素に対して反応しています。お肌の黒い部分を「ムダ毛だ!」と認識して照射しているのです。それが、日焼けして黒くなったお肌の上だと広範囲に反応してしまい、余計なダメージを与えてしまいます。そのためエステティシャンが光の出力を抑えるなどの調節をするのですが、それでは元の威力が発揮できず、脱毛効果が薄れてしまうというわけです。

そもそも、日焼けとは軽いやけどを負っている状態と言えますので、ひどいときは施術を断られてしまうことも。
以上の理由から、外出する際にはかならず日焼け止めクリームなどで日焼け対策を行ってくださいね。また、室内にいるときも気を抜かずにいたいものです。

いかがでしたでしょうか。基本的には、いつもと同じボディケアで問題なし。ただいつもより少しだけ、念入りに保湿を行なったり日焼け対策を行ったりすることで通常以上の脱毛効果が得られるんです。ちょっぴり意識して、ワンランク上のキレイを手に入れましょう♪

名古屋の脱毛お役立ち情報一覧へ

このページのTOPへ